肌の乾燥、間違ったお手入れしていませんか

乾燥肌で悩む女性は多いですね、そして日本人女性には特に多いと言う話はしっていましたか。それはスキンケアの方法にあると言います。クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム」という複数のアイテム使ってステップ数の多い「重ね塗りするスキンケア」をしている方は多いのではないでしょうか。しかしこれが肌のバリア機能を破壊して乾燥肌や敏感肌を招く理由になっています。良かれとおもってしていた事が結果的にお肌の乾燥を招いていたなんてショックですよね。特にクレンジングやゴシゴシ洗いの洗顔で、バリア機能を流出させている事が多いので特に気をつけないといけません。うるおい成分を逃さないように気をつけましょう。そして化粧水、ローション、美容液は肌のバリア機能を強化する「セラミド」が入っているものを選びましょう。そして最後に保湿クリームを活用する事がポイントです。有効成分をお肌に閉じ込める「蓋」の役割をしてくれます。悩んでいる方は一度、自分のケアを見直してみてくださいね。

肌を乾燥から守るには、3つのポイント

乾燥肌、多くの女性の悩みですね。体質だからとあきらめている方はいませんか。3つのポイントでかなり改善できるので試してみてください。1、室内の乾燥に気をつけましょう、特に冬場は室内が乾きやすいので洗濯ものを家の中に干すなどしてお肌を守ってください。2、お肌のお手入れを見直してみましょう。特にクレンジングと洗顔の過程でお肌のうるおい成分を流出させてしまう方が多いようです。そしてローションだけでは有効成分を閉じ込めておくことはできないので、必ず保湿クリームで「蓋」をするのも忘れないでください。3、栄養バランスのとれた食事をしましょう。やはり身体の中からキレイになる必要があります。お肌も体の一部なのでしっかりとした栄養分が足りないとつややかな肌にはなりません。過度に油ものをカットするとお肌のうるおいもなくなってしまうので気をつけましょうね。

肌の乾燥を防ぐ朝の洗顔について

クレンジングや洗顔によって細胞間脂質や天然保湿因子、皮脂は24時間ほどかけて修復され、特に寝ている時に修復が一番進みます。朝、洗顔剤や石鹸を使ってしっかりと顔を洗ってしまうと折角回復した細胞間脂質などがまた洗い流されてしまって、乾燥が進んでしまいます。肌の乾燥によって皮脂が分泌が少ない場合には朝の洗顔は水かぬるま湯ですすぐ程度で十分です。夜だけ洗顔すると肌の水分保持力が高まったままにする事ができますが、皮脂が多い人の場合には酸化した皮脂を取り除く事ができないデメリットが出てしまいます。乾燥がひどくなく、皮脂の分泌が多い人や毛穴が気にある人は朝の洗顔は洗浄力が弱い洗顔剤や石鹸を使って、Tゾーンなどの皮脂が多くなる部分のみを洗うと、水分保持力をさほど下げる事なく酸化した皮脂を取り除く事が可能になります。

Comments are closed