肌の乾燥の原因を知る

肌質は人により違いがありますが、水分、油分ともに不足している乾燥肌の悩みを持つ人は少なくありません。改善のためにはスキンケアも大切ですが、やはり原因を知っておくことも大事です。まず、洗顔はスキンケアでは欠かすことができませんが、1日に何度も洗っている、洗浄力の強すぎる石鹸、クレンジング剤を利用している、さらに熱めのお湯で洗う、ゴシゴシ肌をこするように洗うなど間違った洗顔方法は症状をより悪化させてしまうので注意しましょう。洗浄力のマイルドなクレンジングや石鹸を利用し、ぬるま湯で優しく洗っていきます。このほかでは紫外線の影響、エアコンの利用、さらに肌のターンオーバーの機能の低下、加齢による影響なども考えられます。ダイエットで栄養不足になっているときも肌に影響がでやすいので、こちらも注意が必要です。スプレー式の化粧水などは保湿に便利なイメージがありますが、間違った使い方でかえって乾燥してしまうこともありますので、正しい使い方を心がけましょう。

乾燥肌の原因がクレンジングの場合がある

多くの人の場合、元々乾燥肌なのではなく、間違ったスキンケアによって角質層が痛んでいて乾燥肌になってしまっている事が多いです。メイクを落とすために使う油性の成分を落とすクレンジングは、角質層にダメージを与えてしまう事があります。ダメージの一つが摩擦です。摩擦は水分を保つ役割を果たしている角質層を傷つけてしまって、はがしてしまっています。肌が濡れた状態でクレンジングをすると角質層がふやけているのではがれやすくなっています。また最近ではクレンジングは洗って流せるタイプが多く、便利ですが、メイクを浮かせるオイルが見ずに溶けやすくするために、界面活性剤が多く含まれているクレンジングが多いです。界面活性剤が含まれているとメイクや汚れが落としやすいですが、肌の保湿力の8割を担っている角質層の細胞間脂質のセラミドなども一緒に流してしまっているので注意が必要です。

乾燥肌はこすりすぎと洗い過ぎが原因

乾燥肌を防ぐためには、メイクをしないか、石鹸や洗顔料で落とせるメイクにしてクレンジングを使わないという方法が一番です。ところが多くの場合メイクをしない、もしくは石鹸や洗顔料で落とせるメイクにできない場合が多いので、しっかりとメイクを落としダメージを最小限に抑える方法が乾燥を防ぐポイントになってきます。方法は、こすらないでメイクを落とすという事になります。どんなにマイルドなクレンジングを使っていても、メイクが落ちないからとこすって角質層を傷つけたらマイルドなクレンジングの意味がないので、こすらず短時間でメイクを落とす方法を選ぶ事が重要です。メイクの濃い部分に合わせたクレンジングを顔全体に使うと肌に大きな負担になります。落ちにくいものでなければ、ファンデーションなどのベースメイクは石鹸でも落とす事は可能です。乾燥肌の最大の原因はこすりすぎと洗い過ぎで、ひどい場合にはクレンジング剤は使わない方がよいです。

Comments are closed